Entrepreneur Uses $67 Million Life Savings to Acquire a Cryptocurrency Exchange

Source: Newsbtc.com

Earlier this month, it was revealed that Eric Cheng, a Singaporean entrepreneur, spent all of his life savings and sold his properties including two Rolls Royces, Lamborghini, Ferrari, and a Porsche to acquire a 100 percent stake in a Japanese cryptocurrency exchange called BitTrade. Why Cheng was Willing to Take the Risk Less than a week ago, Bithumb, South Korea’s largest cryptocurrency exchange, suffered a security breach, losing more than $30 million in customer funds stored in digital assets such as Bitcoin and Ethereum. The Bithumb team officially disclosed that the company will fully compensate its clients with company funds stored in cryptocurrencies, which as of June 2018, are worth $450 million. “Bithumb has been administering company’s asset and customers’ asset, and all customers’ cryptocurrencies as well as KRW asset are safely stored on cold wallets and banks respectively. Moreover,…

Read More

Ukrainian Men Arrested Over The Operation Of Cryptocurrency Scams

Source: Newsbtc.com

The regulatory crackdown on fraudulent and malicious cryptocurrency operations has continued, with more reports showing scams falling to the might of regulators. The BleepingComputer reported that Ukrainian men had been arrested on suspicions of the operation of fraudulent cryptocurrency exchanges. Four Men, Over Six Fake Cryptocurrency Exchanges According to the aforementioned article from a popular technology news source, BleepingComputer, the four suspected criminals, all under 26 years old, were all arrested in the Ukrainian city of Dnipro last week. It is unclear how police managed to track down this group, however, their involvement in fraudulent cryptocurrency exchanges was undeniable. The four created over six fake exchange services, using a variety of fraudulent reviews to maintain a mirage of ‘positive’ reputation. After securing the trust of unsuspecting consumers, the four would embezzle the deposited funds, transferring the cryptocurrencies to their personal…

Read More

CNBC Holds “Funeral” For Bitcoin, Brian Kelly Says Bitcoin is Still Not Dead

Source: Newsbtc.com

CNBC is back again, with more cryptocurrency antics on the ‘Fast Money’ segment. However this time, Fast Money host, Melissa Lee, took jabs at the cryptocurrency market, holding a ‘funeral’ for Bitcoin.   Fast Money Holds “Funeral” For Bitcoin, As Bitcoin approached $6,000, the aforementioned Fast Money host questioned if she should still cover Bitcoin and other cryptocurrencies? Deciding that the answer was no, Mellisa decided to head a little segment covering key and memorable events in CNBC’s cryptocurrency coverage. Melissa mentioned popular cryptocurrency-related guests on the show, including Tom Lee, Mike Novogratz and Brad Garlinghouse, all powerhouses in the industry. She also noted the predictions held by Novogratz and Tom Lee, at $40,000 and $25,000 respectively. Poking fun at the “cryptocurrency characters”, Melissa said: “And then there were the characters. Bitcoin Jesus (Roger Ver), the Oracle of Bitcoin, all…

Read More

Charles Hoskinson: Blockchain and Cardano will Outlive Media FUDs: Cardano (ADA) Technical Analysis (June 23, 2018)

Charles Hoskinson: Blockchain and Cardano will Outlive Media FUDs: Cardano (ADA) Technical Analysis (June 23, 2018)
Source: Newsbtc.com

To quantify, ADA is down eight percent and this means sellers have since reversed all of April gains. At current prices, bears are one cent away from 12 cents, a key support line marking the last three months support. From the News It’s no doubt that blockchain is here to stay and it’s because of this sole reason that many think platforms using blockchain advantages will follow suit and be here through time immemorial. Some proponents like Charles Hoskinson, whom we all know as the original member of Ethereum but left due to disagreement rooting from how Ethereum’s structure was being arranged-are upbeat despite media flooding the sphere with unnecessary FUDs. Yes, there is room for future growth and with Cardano being at the early age of blockchain development, there is room for growth. It’s the specific stage that makes…

Read More

Nick Szabo: Bitcoin Prices Will Decline Until when there is “Certainty”: EOS, Litecoin, Tron, Stellar Lumens and IOTA Technical Analysis (June 23, 2018)

Nick Szabo: Bitcoin Prices Will Decline Until when there is “Certainty”: EOS, Litecoin, Tron, Stellar Lumens and IOTA Technical Analysis (June 23, 2018)
Source: Newsbtc.com

Nick Szabo, who many believe to be Satoshi Nakamoto believe the combination of BTC future uncertainty, political opposition and a host of other crypto competitors precipitates recent volatility. However, as it is he thinks BTC prices would decline until we see stable growth. So, the underlying word here is decline and that’s why we should be selling EOS, Litecoin, Stellar, Tron and IOTA until the effects of USDT wane out. Volatility in Bitcoin from temporary uncertainty about its future (vs. both political opposition & crypto competitors), not from its supply limit. As these uncertainties decline its volatility will decline until it reflects more the uncertainty in fiat than its own. — Nick Szabo (@NickSzabo4) June 21, 2018 Let’s have a look at these charts: EOS Technical Analysis EOS Daily Chart by Trading View So in within five days, EOS Emergency…

Read More

Cryptos Hit Six Month Low as Bears Pummel the Markets

Cryptos Hit Six Month Low as Bears Pummel the Markets
Source: Newsbtc.com

FOMO Moments Markets are crashing, altcoins getting hit hardest are EOS, Iota, Ethereum Classic, and Ontology The selling pressure has gained momentum over the past 24 hours and markets have slid to their lowest levels this year. Total market capitalization has dropped to just over $250 billion which marks the third big dip of 2018. Bitcoin has been hammered losing 7.8% on the day falling back to $6,150 marking its lowest level this year and a price range not seen since October 2017. Ethereum has fared even worse dropping 8.7% to just over $470. This puts Ether back at a November 2017 price level although it did drop further on April 1, falling below $400 for the first time in five months. Naturally the altcoins have all been battered with many falling by double figures. Ripple’s XRP has dropped below…

Read More

Bitcoin Drops to Within 2018 Low Close to $6,000

Source: Newsbtc.com

Bitcoin fell to within touching distance of the $6,000 mark on Friday, a figure not seen since February, following improvement orders from Japan’s Financial Services Agency (FSA) to six of the country’s crypto exchanges. Bitcoin Continues to Fall The number one digital currency is seeing its value being chipped away as the integrity of the market continues to be undermined. Yesterday, it was reported that Tokyo-based cryptocurrency exchange and five others had been handed business improvement orders from Japan’s FSA. bitFlyer, Japan’s biggest exchange, said that it was temporarily suspending its new customer account service as it worked with the agency to solve the identified problems. Earlier this week, NewsBTC reported on the hack that took place at South Korean crypto exchange Bithumb. Following a change to the exchange’s wallet service, it was reported that it may have resulted in…

Read More

Japan’s bitFlyer Halts Taking on New Business to Fix Issues Following FSA Order

Source: Newsbtc.com

bitFlyer, Japan’s largest Bitcoin exchange, is being forced to stop taking on new business after regulators said it wasn’t doing enough to stop money laundering and terrorist financing. The move by the Tokyo-based exchange saw a drop in the price of the coin and highlights how the country’s financial watchdog, the Financial Services Agency (FSA), is moving against exchanges they have doubts about. On top of bitFlyer, today also saw business-improvement orders issued to five other cryptocurrency exchange operators. What Was bitFlyer Doing Wrong? The FSA said it found several problems related to bitFlyer’s security system, including a lack of measures in place to prevent money laundering and unauthorized access. One agency official, according to the Wall Street Journal, said the inspections found problematic accounts, too, like one registered using a post-office box as a mailing address. The agency also…

Read More

Ethereum’s Swarm Moves Closer to Achieving a Decentralized Internet

Source: Newsbtc.com

The Swarm team has announced the immediate release of Swarm client v0.3. Swarm is a distributed storage platform and content distribution service which can facilitate decentralized hosting of websites leading to censorship-resistant content. Code Merged into Master Branch The main aim of Swarm is to provide a decentralized store of Ethereum’s public record. This will store Dapp code and blockchain data. It also allows users to combine their storage and bandwidth resources to ensure that these services can be used by all participants of the network. Swarm client v0.3 is the third proof-of-concept release (POC3) of the Ethereum Swarm client. It has been deployed to the public Testnet and the Ethereum Foundation is running a cluster of 50 Swarm nodes together with a public web gateway. The POC3 code is now merged into the official go-ethereum repository’s master branch. From…

Read More

DigixDAO Governance Model — Update #5

Source: Blog - Digix

Update on DigixDAO Badge holders and the introduction of ModeratorsThere has been a lot of discussion, both internally in the Digix team as well as among the community, about the roles of DigixDao Badge holders in DigixDAO governance. One thing that we could agree is that we need a second class of decision makers, which from now on we will use the term “moderators”. After taking into account everyone’s opinion, we had come up with 3 general directions that we could take:DGD Badge holders are the only moderators of DigixDAOModerators include the DGD Badge holders as well as any DGD holders who has accumulated more than a certain threshold of Reputation PointThe status of moderator is purely based on Reputation Point. DGD Badge holders can redeem a Badge to be bootstrapped with exactly enough Reputation Point to be a moderator. Therefore, anyone…

Read More

VeChain Hype Intensifies With Major Partnership and Mainnet Launch

Source: Newsbtc.com

VeChain has gained support from new partnerships with DB Schenker and PwC, ahead of its highly anticipated mainnet launch. VeChain in Last Stages of Preparation Before Mainnet Launch VeChain has posted their official launch schedule to Twitter comments are a mixed bag of congratulations and questions about how to convert existing VEN to the new VET token. The VeChainThor Blockchain is days away from being unleashed. Please review the following timeline and be prepared to witness Blockchain X! pic.twitter.com/kxlQkcc6PI — VeChain Foundation (@vechainofficial) June 21, 2018   Once the launch takes place most exchanges are expected to handle the token conversion, swapping the ERC20 VEN tokens to the new VET symbol. Users should look for a message from their exchanges that they are on board and ready to make the change. For those keeping their tokens in their own wallet and…

Read More

Digix Dev update — 19 Jun (Speaking engagements at Kyber, EU and DAI Integration, open-sourcing…

Source: Blog - Digix

Digix Dev update — 19 Jun (Speaking engagements at Kyber, EU and DAI Integration, open-sourcing DigixDAO to come)Speaking engagement and travels by the Digix TeamThe team attended the launch event of Kyber Network 2.0 at JW Marriott, South Beach Hotel on June 8th where CEO Loi Luu unveiled their vision to be the World’s Decentralized Liquidity Network.Digix’s COO Shaun Djie was invited to sit on a panel to discuss Liquidity in the Decentralized Ecosystem, along with other distinguished guests such as QCP Capital’s Darius Sit (CIO), Prcyto’s Leo (CEO), Republic Protocol’s Taiyang (CEO).The event ended with Vitalik Buterin, founder of the Ethereum Foundation, sharing more information on Casper and sharding on the Ethereum blockchain.Loi Luu’s openingPanel on Decentralized LiquidtyEU Parliamentary discussion“The Blockchain and DLTs: A view from the European Parliament” was hosted in Brussels on 6th June at the European Parliament. Digix’s CTO Anthony Eufemio was…

Read More

Zcash Sapling Activation Delayed

Source: Blog - Z.cash

The next major Zcash protocol upgrade, called Sapling, has been delayed by six weeks (one release cycle). Sapling introduces significant […] The post Zcash Sapling Activation Delayed appeared first on Zcash Blog.

Read More

DigixDAO Governance Model — Update #4

Source: Blog - Digix

DigixDAO BadgesIn the DigixDAO’s crowdsale, DigixDAO Badges were given to some people depending on how much they contributed. The total supply and balance of the Badges can be checked at this link: https://etherscan.io/address/0x54bda709fed875224eae569bb6817d96ef7ed9ad#readContractDigixDAO Badge Holders’ role in DigixDAO governanceAs a DigixDao Badge holder, one can lock up their DigixDao Badge(s) in a quarter and become a badge holding participant. As a badge holding participant, one can:Endorse pre-proposals (or preliminary ideas of proposals), making them eligible for Draft Voting.Vote during the Draft Voting phase. Badge holding participants will receive badge quarter points for voting during this phase. These badge quarter points is just a special kind of quarter points that is used to record badge holding participants’ draft voting activity. Note that only badge holding participants can vote during Draft Voting phaseLock DGDs and do all the other activities just like a normal DGD…

Read More

Digix Dev Update — 5 Jun (DEXes, Rebrand, Sales and engagement)

Source: Blog - Digix

The past 2 weeks saw several developments such as the listing of DGX on other Decentralized Exchanges, website rebranding, sales operations and the ongoing DigixDAO governance updates.Listing onto AirSwap and RadarRelayDGX has gotten listed on several DEXes since its launch on April 8, with the latest being AirSwap. All the avenues that DGX can currently be found on are Kyber Network, AirSwap, EtherDelta and RadarRelay. We are also always working to increase the number of channels where we can be found.AirSwap DGX Ticker *Prices as displayed were taken at snapshot, are indicative and do not represent the actual prevailing price of DGX/ETHAirSwap Platform: https://www.airswap.io/tradeDGX available in DAI and ETH on RadarRelay *Prices are indicative and do not represent actual prevailing price of DGX/ETHRadarRelay Platform: https://app.radarrelay.com/DGX/WETHWebsite re-design and branding overhaul of DigixThe entire branding overhaul has taken in total around 6 months to date. During…

Read More

[JP] 「4月24日に行われたTenX Q&Aライブストリーム

Source: Blog - Tenx-wallet

https://medium.com/media/604c6eb5d1f139084cb36d279eda9a0a/hrefTenXの取り組みの報告とRedditに寄せられた質問に回答しています。」さぁ始めよう! やぁみなさん、世界中ですばらしい火曜日を過ごしてるかい。アジア、オーストラリアは火曜日の夕方だね。ヨーロッパはお昼、そしてアメリカは明け方だね。今日はいくつか興味深い、そしてエキサイティングなことを共有するつもりなんだ。ぼくたちが今まさに会社として取り組んでる5つの重要なことについてアップデートしたいと思う。それは、トークン構造と弁護士の意見書、あとカード手続きについて、それからヨーロッパにおける金融ライセンス、COMIT、そしてぼくたちの会社の構造について話すつもりだよ。これらが今まさに会社にとって重要な5つのことだと思ってるからね。その次に、Redditに共有、投稿してくれた全ての質問についてみていきたいと思う。あと、マイクが来てチャットから本当にすばらしい質問を別の文書にまとめて、ぼくに送ってくれる予定になってる。そうすれば、小さな画面のチャットメッセージを常に追う必要がないし、重要な質問は見落としたくないからね。ここに来てくれたら、どこから参加してるのか一言投稿してよ。それを見るのをいつも楽しみにしてるんだ。現時点で200人以上の人がYouTubeをライブで見てくれてるね。これはFacebookライブ動画でも配信されてるよ。PeriscopeとTwitchもかな。ぼくたちの声がみんなにちゃんと届いてるか、みんなにちゃんと聞こえてるか念のために確認したいからね。この動画のドイツ語バージョンは作るつもりはないんだけど、でもトークン構造、特に弁護士の意見書についてのドイツ語動画を別に作るつもりだよ。TenXにおける主要言語はもちろん英語なんだけど、関連があって重要なことがあれば、異なる言語で、時には中国語、日本語、ドイツ語、英語、そしてスペイン語、フランス語でコミュニケーションするよ。明らかにすべきことに応じて、それらについてみんなとコミュニケーションできるようにね。よし、じゃぁ見てみるとしよう。わぉ! ヨーロッパ中、ドイツ、オーストラリアから…、本当にすばらしいね。インド、メルボルン、ベルギー… みなさんようこそ。イタリア、そしてロンドン。みんなに会えて本当にうれしいよ。すばらしい。本当にすばらしい。いくつか共有したいとても興味深い話題があるから、早速それから始めようか。多くのみんなが、トークンに関してアメリカの弁護士から受け取った意見書について、ぼくがツイートしたのを見たと思うので、それについて話したいと思う。なぜそれについて話したいのかというと、今界隈では大きな誤解をされていると思うし、この一年で起きたことについてちょっとした誤解が生じてると思うからなんだ。ではまず、みんながこれを理解できるように、この一年の歩みをちょっとまとめてみたいと思う。1年前、2017年の3月ごろに、ぼくたちがトークンを設計した時、法的ガイドラインはほとんどなかったんだ。暗号通貨を取り巻く環境で何が起きているのか、何が許されて何が許されないのかはまったく明確じゃなかった。だからぼくたちにできたのは、できる限りのことをしてみるということだったんだ。なぜなら、ぼくたちはとてもディスラプティブな(破壊的イノベーションをもたらす)会社だから、常に限界にチャレンジしようとしてるからね。その方がおもしろいだろ?去年の6月、ぼくらがホワイトペーパーを公開した時にもその考えは反映されていて、そしてこの1年、このホワイトペーパーについて弁護士の意見を聞き、全ての主要な管轄地域において合法であるようにしてたんだ。なぜなら、当然だけど、もしトークンが合法でないなら、トークン保有者は違法なものを持ってることになるし、取引所も違法なトークンを上場してることになるし、そしてぼくたち会社ももちろん違法なことをしていることになる。そうでしょ? 誰も違法なことはしたくない。特に有価証券に関してはね。この1年、アメリカのSEC(最も重要な監督機関だからね)、シンガポールのMAS(なんせTenXはシンガポールにあるからここも重要だよね)、香港の証券取引監察委員会、そしてヨーロッパでも、いろいろ法律のアップデートがあったんだ。世界中のとても多くのところで更新があった。トークンをどう規制するのか、あるいは規制すべきなのか、何をもってユーティリティートークンとするのか、何をもって証券トークンとするのか、これらの定義の違いは何なのかということについてね。まず最初に、もう少しこのことについて続けたいと思う。これらのことが実際何を意味するのか、そしてこれらがいったい何なのかを、全員が100%理解しているかどうか分からないからね。基本的に、ユーティリティートークンとは、鍵を開けるためのキーのような働きをするものを作ることを意味するんだ。そのユーティリティー(機能)を持ったキーを使ってドアを開けることができる。それは(ドアを開けるという)機能を持ってるよね? 例えばビットコインは、うーん、これは誰も本当に分からないんだよね、実際ドアがないから… イーサリアムは、イーサリアムコンピューターと名付けられたドアへの鍵なんだ。つまり、そのコンピューターを動作させるためのgasを支払うために、ETHを必要とするという構造なんだ。それがProof of Stakeモデルに切り替わる時は、とてもおもしろいことが起こると思うけどね。これが意味するところは何だろう? それについて話そう。もし、ユーティリティートークンから証券トークンに移行すると、何が起きるのかというと、ユーティリティー(機能)じゃなくて、金銭的利益が焦点になるんだ。。きみが購入したものが、供給が減る、配当がある、報酬がある、何かしらのインセンティブがあるといった理由で、価値が上がることを明らかに期待できるなら、そのトークンは有価証券だと定義されるんだ。この一年、ユーティリティートークンにこれがどう適用されるのか多くの疑問があったんだ。どんな場合にユーティリティートークンになる? どんな場合に証券トークンになる? SECは2月末に、これ以上ありえないほど明確にしたんだ。そして、なぜETHがあれほど下落したのかという1つの原因は、(まあ彼らはビットコインとは異なる方向に向かおうとしてるんだけれど)原因の一部は、ETHが証券トークンになる可能性があることが明らかになったからなんだ。けど、確かなことは言えないけどね。でも証券トークンになる可能性がある。そして、純粋なユーティリティーから値上がりする金融商品的なものへと移行しつつあるからなんだ。SECが極めて明確に表明したことは以下の通りだ。何らかの価値が上昇する限り、または価値が上がることが期待できる限り、(そしてここからが重要なポイントなんだけれども)仮にトークン保有者が何らかの作業(ワーク)のようなことを行ったとしても、ユーティリティートークンにはなれない。この作業(ワーク)とは、ステーキングもそうだし、ぼくらがやろうと思ってたこともそうだ。たとえばTenXウォレットで一定の額を使う、カードを使って何かを買う、あるいはウォレットに一定の量のトークンを入れるといったことをきみたちがしてくれたら、「オーケー、トークン保有者がやらなければならない作業をしたので、ぼくたちからいくらかの報酬のようなものを与えるよ。だって、これは何もしなくても報酬をもらえる、元来からの分配金のようなものじゃないからね」と言おうとしてたんだ。ところが、SECは本当に本当に本当に明確に、ユーティリティートークンではこれは不可能だと断言したんだ。これらのトークン、コインは全て証券トークン(あるいはETHの場合は証券コイン)として扱われるんだ。どのような種類の会社も、それに作業(ワーク)を付け加えたとしても、報酬が支払われる、配当が支払われる、供給を減らすためにトークンを償却するなどにより、トークンの価値が上昇をまねくのであれば、全てのそれらのトークンは、SECに従うと証券として扱われるんだ。彼らがそれらのどれもまだ証券と認定してないのは知ってるだろうけど、でも多くの場合、これには何ヶ月も何年もかかるんだ。The DAOのモデルを見てみるといい。1年半後、彼らはThe DAOとは何なのかと議論し始めた。そしてThe DAOは結局、証券として扱われたんだ。さて、ここからが面白くなるんだけれども。会社としては、基本的に3つの選択肢があるんだ。1つ目は、違法なことをすること。つまりトークン保有者にとって悪いこと、会社にとって悪いこと、そして取引所にとって悪いこと。これは業界全体、特に関係者全員を本当に傷つけるけどね。違法なことをすること。それをやめて、(次の選択肢として)トークンを証券トークンとして再構築できる。これはどんな企業でもやろうと思ったらできるんだけど、証券トークンの主な課題は、現時点でちゃんと機能してる証券トークン取引所が存在しないということなんだ。実際問題、流動性を十分確保した証券取引所は存在しないから、現時点では分散型取引所でトークンを取引するか、大手取引所が証券取引所に転換するまで待たなければならない。ぼくはこれまで、従来型のトークン取引所から証券トークン取引所に展開したい大手取引所の大部分といく度と話し合ってきたんだ。でも個人的には、これの準備が整うまでには2019年まで掛かると思うんだ。選択肢の2番目は証券としての道を歩むこと。そして3番目としては、トークンを取引可能にするため、流動性を確保するために、現時点ではユーティリティーのままにしておくこと。なぜなら、もし証券の道を行くなら、みんながトークンを持ってるとしてもそれを移動させることができなくなるからなんだ。売ることもできないし買うこともできない。取引所で取引できないんだ。今のところ、企業にはこの3つの選択肢がある。違法な道を選択するか、でもぼくたちはそんな道に興味ないけどね。あるいは証券の道を行って配当を得る、報酬を得る。1年前には誰もまったく気にもしてなかった道だけど、今ようやくどういうものなのかはっきりしてきたんだ。違法ではなく、異なるルール、異なる規則にのっとって、完全に異なる方向にトークンを定義するんだ。あるいは、トークンがドアを開けるためのキーになるユーティリティーの道を進むか。ぼくたちは、報酬を得られるユーティリティートークンの道を選択したかった。でもこれは、たとえみんなが何かしらの作業(ワーク)をしたとしても、証券トークンになるとSECによって本当に本当に明確にされたんだ。巷のステーキング・コインもみんなこれに当てはまるから、他の会社がこれをどう扱うのかとても興味があるね。なぜなら、ぼくの見解では、彼らは提供している報酬を削除しなきゃならない。そうしないと証券と見なされてしまうからね。ぼくたちもこれと似た道を行きたかったけど、特に2月末のことがあって、弁護士の意見書も受け取ってみて、この方法は不可能なことが明確になったんだ。だからぼくたちはトークンを再構成しなければならない。そして現時点での判断は、アプリ内のユーティリティー機能を明確にし、ユーティリティートークンとして明確に構成すること。そしてこれは多くの取引所が彼ら自身のトークンを構成している方法とすごく似てるんだ。そして、ぼくたちは今朝こんなに分厚い書類を(アメリカの弁護士から)受け取ったばかりなんだ。こんなに早く届くなんて思ってなかったけどね。ぼくたちは5月の初めに届くと思ってたんだ。でも、今朝すべてを受け取って、ぼくたちがしようとしていることは、多分ここ1週間以内だと思うけど、特別な動画ライブを配信することなんだ。うちの法務チームがまず、トークンがすべての点についてアメリカの法律をちゃんと満たしてるかをチェックしないといけない。そして、ぼくがその内容をみんなとシェアする時には、ぼくは「自由には発言できない」ということを前もって言っておきたい。それはあまりに危険すぎるからね。ぼくが法的な話をする時は、台本を読まなきゃならない。弁護士の意見書を公にシェアすることが許されてないから、みんなとシェアするためのものを準備しなきゃならない。何故かは聞かないでくれ。ぼくは弁護士に尋ねたんだけど、これは一般的なことであって、法的意見はシェアしないらしいんだ。「弁護士の意見書をどう使うの?」うん、例えば取引所に「トークンが証券でないことを証明できますか?」といったような重要なことを聞かれた場合に取引所に送るんだ。それがぼくらがしなきゃならないことであり、ぼくの知る限りでは、アメリカに対するこのような法的見解を持っている会社はそんなに多くないと思うよ。もしあったとしてもね。いったいいくつの企業がそのようなアメリカに対する法的見解を持っているのか是非見てみたいね。これは、とっても面倒なことなんだ。ほとんどの企業はそれなしに勝手にやってるだけだし、ほとんどの取引所はそんなことは気にしない。でもそれはぼくたちがやりたいことじゃない。だから、ぼくらはトークンの構造をちゃんと決めて、アプリの中でトークンが明確な機能を持つようにしたんだ。これがどういう意味かって? それはまず初めに、なぜぼくたちがERC20トークンをアプリに追加しなかったかっていう理由でもあるんだ。なぜなら、ぼくたちは法的見解を得たかった。なぜなら、証券は追加したくないからね。これはとってもとっても重要なことなんだ。だってトラブルになるからね。これでぼくたちはERC20トークンを追加できるようになった。まずはぼくたちの通貨(PAY)から実装を始めて、追加できるようにし、ユーザーがたとえばカードを安く申し込みできるようにしたり、トレードの取引手数料を下げたり、カード使用に対する追加キャッシュバックも考えている。今や、ユーティリティートークンのまま報酬を支払うことができないのは明確だからね。でも追加キャッシュバックはできる。だって報酬を払えない分、ぼくらのマージンに余裕があるからね。そこにはより多くのトークンを持っていれば…といった、ある程度の階層構造も考えてる。みんなに説明する台本を作るために、正確に法的文書を調べなければならないんだけど、数日中に(余裕を見て1、2週間中としようか)トークンで何ができるか、白黒はっきりしたトークンの法的設計をみんなに示すことができると思ってるよ。分かってほしいのは、ぼくはこれを今急きょ明らかにすることにしたこと。なぜならQ&Aを行ってるんだからね。このQ&Aを準備した時、今朝法的文書が手元に届くとは知らなかったんだ。でも、今できる限りシェアしたかった。だからといって、ぼくが法的文書の内容にふれるためには、弁護士から台本を入手しなければならない。それらのことを勝手にしゃべることはできないんだ。このトークンが何をしようとしているのか、長期にわたった問題に最終的に白黒つけることになる。トークンのすべての不明点をなくす。これはQ2の間に完了させたい大きなステップの1つ。トークンの全ての不明点をなくし、とってもとっても明確な機能をぼくたちのトークンに付与したい。想像してみてほしいんだ。このトークンがアプリの中にカードや、異なる種類の通貨、取引、いろんなメリットを持ったロイヤルティー・プログラムなど、多くの機能を持っていることをね。明らかに多くの人がトークンをアプリの中で使うことになるだろうし、流動性を市場から吸い上げちゃうことにもなるだろう。ユーティリティー、そしてトークンの機能として面白いものになるだろうね。明らかに、重要な質問はいつも「いつ報酬が開始されるのか?」だ。ユーティリティートークンとしての定義から、ぼくたちは報酬を許されていないない。なぜならそれは自動的に、証券の道に進むことを意味するからね。トークンが証券でないなら違法になるし、それはきみたちが望んでることじゃない。ぼくたちの望んでることでもない。だから現時点でできるのは、ユーティリティートークンとして開始することなんだ。ぼくたちがこの方法でトークンを構成することは、みんなに大きな、本当に大きなメリットを生むと思うんだ。そして、証券取引所が作られ始め証券トークンが取引可能になり、アメリカ、ヨーロッパ、アジアで十分な流動性が確保されれば(今はまだだけど)、その時ぼくたちTenXは証券トークンがどのようなものなのか、それには何が必要とされどう機能するのかなどを調べるつもりなんだ。今は、その時エコシステム全体がどうしているかを待たなきゃならないんだ。ぼくは、現時点では他の企業だって異なる道にいくことができないことを保証できる。もし異なる道に行こうとすればとすれば、遅かれ早かれ痛い目に遭わされることになるだろうし、そういったことをぼくたちはしたいわけじゃない。ぼくはこれまでこれを何度も繰り返し強調してきた。特に法的問題が生じる場合、ぼくたちは不必要なリスクを取るんじゃなくて、安全を選択する。なぜなら、しっぺ返しを食うからね。そしてこれは本当に重要なことだと思うんだ。だから、ついに法的文書が手元に届いて本当にうれしいんだ。これは、確実性を得るためにはすべてのことを白黒はっきりさせなきゃならない法的なことなんだ。そして、これはぼくたちがいつも得ておきたかったことだし、第一四半期中に得ることが目標だったんだ。それはぼくたちが決められることじゃなかった。SECが2月の終わりに変更したんだ。ぼくたちはこれ以上遅らせることはできなかったけど、今では白黒はっきりさせることができた。ぼくは、いったいどれだけの企業がアメリカにおける彼らのユーティリティートークンの法的見解を実際持っているか見てみたいね。興味あるね。多くの企業は持ってるって言ってるよ。だったら実際いくつの企業が持ってるか見てみようよ。彼らが本当に持っているかどうか見るために、それが本当に重要なステップになった時に見てみよう。特に取引所に上場された時にね。これは本当に重要なことなんだと思ってる。さて、法的見解、トークン構造について話してきた。ぼくたちは、これとは別にショートバージョンの動画を作るつもりだよ。このQ&Aをみんなが見てるとは限らないからね。みんながこの白黒はっきりさせたことを確認できるように法的文書、PAYトークンのアップデートについてのショートバージョンの動画を英語とドイツ語、そして多分中国語とその他の言語で作るつもりなんだ。そこではトークンがいくつかの機能を持っていること、トークンが何らかの用途で使われることを話すよ。これは2、3週間以内と思ってくれていいよ。数週間以内だと思ってる。だって、5日から7日以内にはできると思ってるけど、いつもその間に何か起きるし、これら全ての言語で白黒はっきりさせたいと思ってるからね。ぼくたちにとって本当にとってもうれしいことなんだ。そしてこれは次の取引所上場の話につながるね。とは言ってもこの件はぼくたちがリストに挙げている5つの鍵になる案件に含まれているわけじゃないんだけど、少し疑問に思うところがあるのでここで言っておきたい。まず前提として、TenXとしては取引所に上場することを約束することはできないんだ。法的にね。上場するために取引所に袖の下を渡すようなことはしたくない。こういうことを今、本当に多くの企業がやっているんだ。彼らは上場してもらうためにとんでもない金額を支払っているんだけど、これはかなりまずいことなんじゃないかと思っている。上場を餌に多くの人を釣るのはかなり問題だと思う。でも、まだだれも罰せられてないからといって、これから1年や2年経っても何も起こらないとは限らないよ。例えばBithumbなんかと話を進めている。まだ上場日が確定しているわけではないし、今は伝えられることは少ないんだけど、彼らからは事前確認をもらっている。正確な上場日がわかるにはあともう少しかかるけど。一部の企業がそこに上場するために100万ドル(1億円)を支払ってたりしてるけど、ぼくたちはこういうことに興味もないし、したくもない。取引所に上場するためだけにお金払ったところで、何が起きるかというと、トークンが値上がりしたと思ったら、またすっかり元に戻ってしまうんだ。こんなことは今まで取引所で何回も何回も目にしてきたことだよね。それだったら、ぼくたちはチームや会社の成長にお金をかけたい。ぼくたちは短命で終わる脇役じゃないんだ。だからBithumbにもそう伝えておいた。もう数カ月もやり取りして事前確認も得ている。かなりポジティブだよ。そしてクラーケンとは、少なくとも月に1度はコンタクトを取っている。彼ら側が新しく上場する予定が何もないから話は進んでないけどね。バイナンスとも話をしてるけど、具体的な日にちも決まってないし合意は得てない。彼らからも確認は取れてないけど、話はしているよ。大きいところではこの3つになるかな。 Bithumbは事前確認が取れていて、上場について日程以外はすべて同意をもらっている。彼らと数日に一回ぐらい話していて、何か進展があったら知らせてもらうようにしてあるよ。ぼくたちはインタビューを受けるためや上場してもらうためにお金を払ったりしない。講演するためにもお金を払ったりしない。長期的には、「価値」がこうした近視眼的な愚かさを打ち破ることができると信じている。愚かさはこの業界を中身の薄い低品質なものにしてるんだ。必要なのは高品質なのにね。これは非常に重要だと思うから、どうか理解してほしいんだ。トークンと取引所に続いて、次に重要なトピックの2つ目、カードについて話そう。みんな知りたがってるからね。ちなみにぼくはボットみたいなものを使ってて、誰かがぼくやTenXのツイートに「カードはいつ?」って書きこんだら、ボットがそのコメントは見えないようにしてくれるんだ。だって何の助けにもならないからね。なにももたらさないから。信じてほしいんだけど、カードが使えるようになって、いつどこにカードを発送できるかわかり次第、一番にみんなに情報を届けようと思っている。北米やヨーロッパ、アジアへのぼくたちの準備はできている。複数の地域で準備ができているよ。複数の発行体と話が進んでいる。でも前へ進められなくなっているんだ。でも誰かのせいにはしたくはない。少なくともぼくらのせいではないんだけどね。今はカード発行に向けて、どうにかうまい方法はないものか会議を重ね頭を働かせている所だよ。でもいい答えは見つかってない。現状で使えるカードを出している他の企業は取引所で両替してるだけなんだ。「きみが暗号通貨を送ってくれたら、法定通貨に変換してあげるよ」。そしてきみのカードに633ドルがチャージされてお店で使うことができる(プリペイチャージ式の疑似デビットカード)。それではつまらないよね。ぼくたちはそうはしたくない。だってそれでは未来を感じられないから。取引所で同じことができるじゃないか。する意味がない。ぼくらは、手っ取り早い方法を使わず、いつでもどこでも暗号通貨を使うことができるしっかりとしたプロダクトを世に送り出したいんだ。実際に使えていたのは1月の初めまでで、それから4カ月経った今は使えなくなっている。それは分かっている。でもぼくたちが何もプロダクトを持っていないと責めるのは正しくないよ。数十万人のユーザーを抱え、アプリもできているし、いくつかの通貨にも対応した。ライトコインも加えた所だ。リップルも間もなくだ。あ、なぜリップルの対応に少しかかっているかというと、iOSの所でいくつか解決しなければいけない部分があるからなんだ。ちなみに、iOSアップデートに協力してくれてるみんなに感謝したい。iOSは顔面認識などのAPIを変更したみたいなんだ。ログイン時に問題があるので、この部分を解決したいと思っている。ここ2週間ほど一気に進めているから、あともうひと踏ん張りでリップルを加えることができるんじゃないかな。それともちろんPAYについてもユーティリティトークンとしてウォレットに追加する計画もあるよ。これはPAYの価値にかなり大きな意味を持つことになるだろうね。ぼくは価格のことは気にしない。価値を大事にしたいんだ。長い目で見れば、価格はいつだってその価値についてくるからね。社員のみんなもそういう考え方をしていることを保証するよ。すごく大事なことだよ。カードについては、北米、ヨーロッパ、そしてアジアにできるだけ早く届けられるようにするつもり。覚えておいてほしいのは、どこかのエリアだけ他より先にカードが届くことになるかもしれないこと。エリアによって発行体やパートナーが違うからね。これまで何週間も何カ月も必死に取り組んできて、発行へのゴーサインが出るのを今か今かと待っているんだ。そして3つ目の大きなポイント、金融ライセンスについてなんだけど、ジェームズからモチベーションを刺激する内容のコメントを受け取ったんだ。ヨーロッパの金融ライセンスを取るのは無理なんじゃないかってね。ぼくは彼の挑戦を受けることにした。どんな結果になるか楽しみにしよう。金融ライセンスの申請は提出してあるんだけど、提出後だいたい3カ月ほどかけて返答をもらえる感じになるかな。なので7月頃になるだろうか。かなり楽観視している。今のところかなりうまく進められているんだ。ヤナを始め法務チームは本当によくやってくれている。これは本当に重要だから、がんばっている彼らには本当に報われてほしいと思っているんだ。YouTubeのぼくらのページで彼らを紹介しているビデオをぜひ見てほしい。本当にすばらしい仕事をしてくれているから。銀行ライセンスや金融ライセンスにはこうしたチームで対応に当たる必要がある。ライセンス関係についての情報はこれ以上は出せない。すべて提出済みだから、今は待ってもらうしかないんだ。修士論文や博士論文と似てるかな。すべて提出したら、あとは待つのみ。他にこれに関して言えることは無い。みんながずっと気になってるのはわかってるんだけど、信じてほしい。金融ライセンスがあればヨーロッパでパートナーの発行体を必要とせず独力でカードを発行できるようになるからすごく力になるはずだ。それでも、ヨーロッパにパートナーの発行体を持つ意義はある。ライセンスが取れたからと言って、すべて自分たちで発行するとは限らないからだ。いろいろなプロセスや所有権周りがやりやすくなる。だから例えぼくたちがヨーロッパでパートナーの発行体と組んでて金融ライセンスを持とうが、今までいっしょに仕事をしてきたパートナーとの提携を止めるとは限らないよ。同じくぼくたちが金融ライセンスを持ったすぐ次の日にカードを発行できるわけではないことも理解してほしい。数カ月はかかる。だからみんなには気持ちを逸らせずに待っていてほしい。そして4つ目の重要なポイント、COMITのことを話そう。COMITについてはQ2の終わりごろにはかなり良くなっているだろうと楽観的に考えているんだ。プロトタイプをどうにか発表できたらいいね。トークンなしで、親ブロックチェーンなしで、いろいろなブロックチェーンをつなげたり、暗号通貨資産の交換ができるシステムなんだ。本当にクールなことが始まるんだ。これは初のプロトタイプになる。そのあとに、上に乗っかるライブラリーや他社のサービスの提供が始まることになる。COMIT上にサービスを構築したい企業に対する金銭的支援やサポートも考えてるけど、これはその時期が来たら発表するよ。順番を逆にせずに、ひとつひとつ、しっかりとやっていくつもりだ。5番目に言いたいことは、外からは見えにくいけど、内にいるとよく見えることなんだ。それは会社組織のリスク低減。法務や財務の面でちゃんと組織できてるか、資金管理、銀行口座、などなど。これまで話した5つのことが、今チーム全体が取り組んでることなんだ。もちろん、細かいこともいろいろやってるよ。カードに関しては、もっとトークンやコインを追加しようとしている。機能もいろいろ追加しようとしている。現時点での概要はこんな感じかな。ちなみに、どうしてシンガポールを選んだのかって、前に誰かが聞いてたね。みんながシンガポールに来たことがあるかどうかは知らないけれど、ブロックチェーンと既存の銀行のどちらにもフレンドリーで、シンガポールは本当にちょうどいいバランスのとれた場所なんだ。政府はとても厳しいけれど、とってもオープンだ。革新的で、あまり官僚的じゃなくて、動きが速くて、移民にもオープン。まさにぼくらが探していた国だよ。実は、スイス政府のトップ7に入る人物に会った時にぼくはこう言ったんだ。「スイスは多くのことをうまくやれている。でも、移民政策はあまりうまくいっていないと思う」。ぼくらはバックエンド言語にRustを使っている。ものすごく素晴らしい言語で、優れた人材が海外から集まってくるんだ。でも、海外から募集しても、もし移民政策のせいで採用ができなかったら、その言語を使うことができないし、チームを編成できないんだ。だからシンガポールは、今まで話したすべての点で条件を満たしてるので、今のところ他のところに移転するつもりはないよ。じゃあ、質問にいくつか答えていこう。すでに今までに、多くの質問内容はカバーしてしまったと思うけど、会社で今チームが取り組んでいる最も重要なこと、5つについて話しておきたかったんだ。まだ観てない人たちもいるかもしれないけど、国ごとの社員数を載せた人事のアップデートを投稿しておいたよ。みんなに分かってもらいたいのは、今後入社待ちの人たちの数がものすごく多いということ、それからQ1(1月~3月)に入ってくるのは去年のQ4(10月~12月)に採用した人たちであって、Q4というのは採用が一番厳しい時期なんだ。年末だし、クリスマスだし、みんなボーナスがほしいからね。一番採用しやすい時期は実はQ2(4月~6月)なんだよ。なぜって? だってボーナスをもらった後なので、みんな転職にもっと前向きになるんだ。だから実は今がちょうど、社員数が増えてきて、採用しやすくなって、規模拡大、成長に至る転換期なんだ。今現在、週に1人しか入社して来ないからと言って、今後急にペースが上がって週に2、3人入社できないとは限らないんだよ。今は年末までにどう拡張しようかを考えてる。絶対に150人から200人確保する予定なんだ。他の国でも人材が必要になる。マーケットがそれぞれ違うからね。他の質問も見ていこう。Q: 去年の8月からだいぶ状況が変わったけど、今現在のTenXの立ち位置は?A: TenXの基本は特に変わってないと思う。TenXの長期のビジョンは、分散型世界の骨格になることなんだ。どういうことかというと、誰でも、何でも、分散型サービスにつなげることができるプラットフォームを提供するんだ。他の人のサービスも乗っかれるプラットフォームを作りたいんだ。たとえば、そんな一つの軸は金融だけど、アマゾンやアリババがやっているように、多岐にわたる分散型サービス、ブロックチェーン・サービスを提供することを思い描いてるんだ。まずは一つの軸から始めないといけない。だから一つから始めて、そのほかのサービスやアイデアを追加するんだ。今は一つの軸から始めるわけで、それは金融だ。そして、まずは決済から始めたい。そして、暗号通貨を購入したり、トレードしたりも追加したいんだけど、今はいろんなことが積もり積もってるから、すべてを同じスピードではできない。他に解決しないといけないこともいろいろあるからね。これが、ひとつひとつ前進していく、今のロードマップってとこかな。Q: Interledger Protocol (ILP) のプラットフォームに乗ればいいのに、どうしてCOMITを開発してるの?A: まず言いたいのは、彼らも完成してないんだ。ただやって来て「よし、始めようぜ」とはいかないんだ。あと、ILPは銀行や金融業界向けに対象を絞ってるけど、ぼくらはあらゆるブロックチェーンが対象だ。答えるとしたらそんな感じかな。Q: Kyberと提携して、PAYをDEXで買えるようにすることは考えてる?A: まだ考えてない。DEXは今年大きくなることは確かだけれど、今はまだ流動性がなく、売買価格などの問題でほとんどみんなが中央集権の取引所を使ってる。でも将来それが変われば当然検討するよ。Q: 数日後のG20で参加国メンバーを啓発しないの?A: 今のところする予定はないよ。もう十分啓発してるしね。ぼくはいつだってみんなを「CRYPTOFIT(暗号通貨の知識が備わった状態)」にするための労力を惜しまないつもりだけど、1ヶ月のうちに1週間以上出張したくないんだ。それ以上は無理だろうな。シンガポールにもいないといけないから。えーと、Bithumbについても話したし、トークンについても、カード発行体についても話したし…みんながトークンの振る舞いを知りたいのも知ってるから、さっきそれについても話したし…Q: 何か月も前に支払ったんだけど、カードはまだなの?A: 発送の日付は決まってないんだ。返金を希望するんだったら、もちろんできるよ。現時点で20万人以上のユーザーがいる。みんなの申込金は使ってなくて暗号通貨でキープしてあるし、手を付ける必要もないので、15ドルを返金してほしい場合は返金できるよ。ただし気を付けてほしいのは、後日またカードを申し込んだら、待機リストの一番後ろに回ってしまうってこと。ただ、きみがハッピーである限り、ぼくらは返金してきみをハッピーな元TenXユーザーにすることに問題はないよ。Q: なぜEnvionがやってるように、証券トークンにして専用取引所に上場して、報酬を払わないの?A: いい質問だね。今現在、流動性があってトレードができる、証券トークンの取引所があるかい? 問題は、今証券に進む道を取ったとしても、解決策よりも多くの難題や課題が発生してしまうと思うんだ。だから、それはいい解決策だとは思わないんだ。さっき銀行ライセンスについて難問を出してきたジェームスから、またいい質問が来てるね。Q: なぜTenXは競合の〇社のように(ジェームスは会社名は明かしたくないようだけど)取引所に上場できないの? 彼らが上場できて、なぜTenXはできないの?A: 〇社は袖の下を渡して上場させてもらってるんだ。TenXはそういうのはやらない。もし企業が品質を切り札にできないなら、お金を払うしかない。他の会社はそうしたくないだろうし、TenXもそうしたくない。TenXは品質を切り札にしたいんだ。これまでの提携、取引所上場などすべては、なぜ実現したかというと、彼らがぼくらと一緒に仕事をしたいと思ったからなんだ。これはとても大事なことだと思う。ぼくらがお金を払って彼らをハッピーにしているからではないんだ。次はもっともな質問だね。Q: ジュリアンと会社組織、あるいは実際のビジネスが上手くリンクしていないように見える。たくさんの人が技術的な作業を行っているけど、ビジネスとしてはあまり進んでいないように見えるけど、どうなの?A: 目を向けて欲しいのは、タイムラインを設定した時には起きないと想定していた問題が起こってしまったということなんだ。Wavecrestが使えなくなるとは思ってなかったし、その為に解決策をゼロから考えなきゃならなかったし、それまでやってきたことが全部やり直しになったんだ。また全てのトークンや法的文書に関して修正に修正を重ねなくちゃならなくなるとは思っていなかった。つまりゴールに向かって走っていて、もうすぐ終わると思って次のプロジェクトを始めてたら、前のをやり直さないといけなくなって、気が付くと4つも5つも並行してやらないといけないようになって(ついさっきぼくが説明したぼくらが取り組んでいる5つの最も重要な業務のことだよ)、つまり5つのどれもまだゴールにたどり着いていないけど、5つすべてをこなさなければならない状態になってしまってるんだ。そしてきみのように外部からは、「おい、この会社は何にも成し遂げてないぞ」と言われてしまう。質問者を責めている訳ではないよ。理解してほしいんだけど、ぼくはきみを責めてるわけじゃない。遅かれ早かれすべてのゴールにたどり着くことは保証するし、その暁にはみんなの見る目も変わってくると思うんだ。浮き沈みを乗り越える会社はどこだって経験することなんだと思う。優れた会社は良い時も悪い時も人々とコミュニケーションをとっていると思うよ。(ちなみに、今はぼくらにとって悪い時期じゃないと思う。会社としては素晴らしい時期だといえる。成長してるし、企業文化も育ってるし、一生懸命働いてるし、問題も解決していってる)今はまだ見えていないと思うけど、そのうちきみにも見えてきて、ぼくらに強固な地盤ができてることを、本当に喜んでくれる時が来ると思う。Q: 「紹介プログラム」を導入する予定はないの? あれば良いと思うんだけど。A: そうだね、口コミでのマーケティング手段として「紹介プログラム」を導入する予定だよ。実はマーケティング担当者が実質いないんだ。マイクがちょっとだけソーシャルメディアを、ベロニカがプレスリリースを手伝ってくれてるだけ。あとはぼくが自分の時間の5%位を費やしてるだけ。ぼくも会社も他にやらなきゃならない事がたくさんあるし。今はTenXにはマーケティング専属担当者はいないんだ。だって今はまだ必要ないからね。他に人材が必要なところはいっぱいある。でもマーケティングは必要ないんだ。他の多くの暗号通貨関連企業はどうか。彼らがしてることといえば、マーケティング、自己通貨の吊り上げ、そして提携を大げさに発表することだけ。みんな中身が全然伴っていないんだけど、見た目がすごくいいんだ。でもみんなが箱を開け始めて中を覗いてみると「あれ? 何も入って無いじゃないか!?」ってなるんだよ。Q: ライトコインが使えるカードはライトコイン財団のメンバーしか貰えないの?A: 違うよ。ライトコインを応援してる人なら誰でも追加できるよ。ちょうど金曜日(4月27日)にYoutubeライブでチャーリー・リー氏(ライトコイン創設者)と対談する予定で、この事にも触れるつもり。まだ正式に発表してないけど、ついさっきtelegramで彼と会話してて決まったことなんだ。面白い対談になると思うし、みんなも何か聞きたい事があったらRedditに書き込んでね。続いて、ターシュ、質問ありがとう。Q: 他の暗号通貨関連会社と比べてTenXのユニークな所はどこ?A: とても漠然とした質問だねぇ。ぼくたちは会社を築き上げている最中だけど、変に思うかもしれないけど、この事自体がユニークだと思うよ。暗号通貨界で会社を築いている会社は極めて少ない。取引所を除いてね。なんせ、取引所は絶滅していくビジネスモデルなんだ。中央管理された取引所は、変革を求められてる。絶滅していくビジネスモデルだからね。特に分散化取引所の登場でね。ちなみに個人的な意見だよ。これはTenXのチャンネルだってことは分かってる。個人的な意見と会社としての意見は分けなきゃならない。だからこれは個人的意見、あくまでもジュリアン個人の意見ね。中央管理された取引所のビジネスモデルはこれから3~5年と続くとは思えないし、異なるビジネスモデルが必要だろうね。さて、取引所は置いといて、既存の何かを破壊して、新しいプラットホームを作ろうとしている暗号通貨企業について話そう。そういう会社で、きちんとしたところは極めて少ないし、確固たる企業文化を持つ所も極めて少ない。きちんとした雇用システムを持ち、きちんとした技術チーム・プロダクトチームを持つ所も極めて少ない。本当に少ないんだよ。だから、これらを兼ね備えているTenXは珍しいんだ。TenXは、今現在の課題に取り組んでる、そして同時に、社会を変革し分散化された社会を築き上げる骨格になるという壮大な企業理念(ビジョン)も持ってる。他の暗号通貨関連企業は、と言っても会社の体を成していないからプロジェクトと呼ぶべきかな、それは小さなものだし、長期的なものでもない。デビットカードを提供するだけの会社は、数年ともたないで絶滅するビジネス・モデルだと思うよ。じゃあ、なぜそれをぼくらがやっているかというと、今現在は有効なビジネス・モデルだから。でも、今やっている事について15年後、20年後どうなるのかきちんとした答えを持ってなければ、迷走する事になる。ビジョンを持つつもりもなく、今いる場所が正しいと感じるからそこに留まってるだけ。多くの企業はそうなんだと思うよ。多くの企業は資金欲しさに短期的なビジョンしか持ってない。他の会社は長期的なビジョンを持っていないけどTenXはそれを持っている事が本当に独特な点だと思う。マイクが用意したいくつかの追加の質問があるね。最初の質問。Q: いつカードの発送が始まるの? ロードマップがほしい。A: うん、ぼくも同じことに興味がある。でもぼくはそれを持ってないんだ。持ってないから、あげることもできない。持ちたくないんじゃなくて持ってないんだ。それが今はまだロードマップがない理由なんだ。Q: TenXはいつウォレット保有者が秘密鍵を管理するように移行させるの?A: いい質問だね。それはもともと計画されていたし、今年のロードマップとして計画していた。でも今はそれが全て押し戻されてしまっているんだ。今年中に実施できるかどうかは不明確だけど、COMITを使うことでそれはもっと簡単で実用的になると思ってる。なぜなら、その時にはより簡単なスマートコントラクト接続を実現しているからね。これは面白いことになると思う。マイク、この質問を飛ばそう。3番目のNEOについての質問を飛ばして、最初に4番目の質問に行こう。Q: TenXは暗号通貨やPAYトークンを購入できるクレジットカード機能を追加する予定はあるの?A: うん、これは実際第一四半期中に準備できる予定だった。パートナーとは話し合いを続けていて、多くのことが整ってきているよ。この機能を今提供できない理由は、TenXウォレットの機能を(もうすぐ)変更すると、今抱えている多くのパートナーシップと再交渉が生じるし一からやり直さなければならなくなるけど、それを(まだ現時点では)やりたくないからなんだ。でも、ウォレットの中でトークンや他の暗号通貨を買えるようにすることは、ぼくたちが提供したいことではあるんだ。間違いなくそうするよ。じゃぁライブチャットを覗いて、そこに何か質問があるか見てみるとしよう。よし、何かあるかな…クリスチャンからQ:モバイル優先戦略というだけで、Webアプリの開発を中断するのは良い判断だったんだろうか? ぼくはよく使ってたんだけど。A:理解はできる。ぼくたちはどれだけの人がWebアプリを実際に使ってるか調査したんだ。そして、その時点ではその開発に見合わないほど少数の人しか使ってなかった。だからそれを反映したんだ。Q: 限定版カードのユーザー特典に、空港ラウンジが無料で使えるプログラムとかは付く?A: ファウンダーズ・エディションやリミテッド・エディション、他のバージョンのための特典をいろいろ考えてるよ。ロイヤルティー・プログラムになるので、使用頻度に応じて特典をつけたりしたいね。Q: 5年後、TenXはどうなってる?A: カードの存在意義は取るに足らないものになってくるだろうね。重要性が徐々に下がってくると考えている。逆にCOMITがこの5年でトップスピードに乗ってくるだろし、暗号通貨はTenXの1つの軸になってるだろうね。そして暗号通貨とは別に、TenXの異なる軸も生まれてると思う。本当に多くの他のブロックチェーンの話題が出てきて、とても面白いアプリケーションになるだろうね。デイヴィッドの質問Q: カードは非接触式?A: そうなる予定だよQ: 2018年から2019年にかけてのロードマップに対しての進捗はどう? 予定通りに進んでる?A: チームは目標に向かって本当にすばらしい仕事をしている。すべてが元に戻されてしまったけど、それに対してはどうしようもなかった。一生懸命やってなかったからではないんだ。対処のしようのない外的要因だったからね。ぼくたちのロードマップはアグレッシブだ。自らの背中を押したいがためにアグレッシブにしてるんだ。5年以内にカードを出すなんて言ったところで(もちろん可能だ)、どれだけ興味深く、エキサイティングになる? 社内の誰にとっても、そしてきみたちにとっても何もおもしろくないよね。Q: カードなしで暗号通貨を使えるようにする方法は何か考えてるの?A: やり方はたくさんあるんだ。解決策のひとつとして、アプリ内でフィアットと暗号通貨を直接どうにかして変換して、アプリから通信して直接フィアットで支払えるようにするのも可能だろうね。アップルペイやサムスンペイなどたくさんがカードを使わないシステムを採用しているよね。とてもおもしろい。多くの店舗が暗号通貨を受け入れだしたら、そしてひょっとしたら政府が暗号通貨を発行したりして、そうなったら完全に世の中の流れが変わるだろう。おもしろくなっていくだろうね。さっき見逃してた質問があった。Q: カードが止まっていることが、将来の顧客ベースに悪影響を与えるとは思わない? 将来のビジネス事業につながる顧客ベースを作るためにカードを出そうとしてるんだよね?A: 当たってるところもあると思う。短期的には顧客ベースに影響が出てくるだろう。でも後戻りしただけで、今、新規ユーザーが増えてないからといって、年末まで百万人の目標は変えていない。ユーザーはいなくなるわけでなく、いるけれどもただカードを持ってないんだ。ぼくらの出そうとしているプロダクトは、今現在世界のどこでもリリースされていないことは非常に重要だと思う。つまりユーザーに他の選択肢はないわけだし、他でぼくらと同じようなものを出そうとしてたり出す計画を立ててるところはないんだ。出すと言ってる会社はいくつかあるのは知ってるよ。でも、言うことと実行することは全く別物だからね。ぼくはプロダクトを出してないプロジェクトとぼくらを比較したりはしない。ぼくらは一日当たり何百万ドル分ものトランザクションを処理してきた。そこまで至ってるけど、ほとんどの他社はそこに至っていない。状況が根本的に違うんだ。そこに至った時には銀行口座、AML、KYC、口座凍結などなど、さまざまな問題が出てくるんだ。彼らの前に立ちはだかってくるんだ。だから、ぼくは安心していられるんだよ。Q: TenX分散型取引所になる?A: そうなるよ。 それも間違いなくぼくらがCOMITを通して提供したいことの一つなんだ。Q: カードが止まってるのは深刻な理由からなの? それとも明日にゴーサインが出るかもしれないの?A: 明日にでもゴーサインが出る可能性はあるよ。その後、発送の全プロセスが一気に動き始め、数週間以内に各地域の誰もがカードを持つことができるかもしれない。 それほど深刻なわけではないんだよ。Q:: 航空マイルやポイントは報酬として考えてるの?A:: 実際には大企業の航空会社との話し合いをしてるんだけど、これがどのように機能するか、どう組み合わせるか、流動性をどう確保するか、などね。Q: 銀行振り込みのようにTenXアプリから送金できるようにならないの?A: これは、銀行ライセンス取得によって提供することを考えることができる。 ぼくらのメインロードマップにあるものではないけどね。 現時点では、フィアットのプロバイダーになりたくはないんだ。それはおそらく第2段階になるだろう。ボブはこう言ってくれてるよ。「チーム全員に感謝。素晴らしい」ボブありがとう。本当に、ここのみなさんはとても喜んでるよ。ぼくは本当にモデレーターに何度もありがとうと言いたい。 マイクとスティーブンはオンラインだね。 ラリーもブライアンもオンライン、分かってるよ…本当に本当に頑張ってくれている。誰か忘れてないっけ?忘れてないね?誰もが本当に、ぼくを助けてくれて、どんどん関与してくれて、サポートしてくれて。とても貴重な存在だ。Q: きみはデビッド・ハッセルホフなの?A: ピーター、本気?ホントに彼に似てる?Q: Coinbaseカードについてどう思う?A: ぼくが理解する限り(ぼくはカードを使ってないから、実際に注文したアメリカの友だちに聞いただけなんだけど)これは基本的に暗号通貨をコインベースに入金して、そしてフィアットをカードにチャージするする仕組みなので、 暗号通貨を消費することとは関係ないよ。ぼくの意見では、それとTenXは全く違う構造だ。あ、ブレンドンを忘れてた。ごめんなさい。ブレンドンありがとう。Q:「カードで支払いは両替になるので課税対象になるの?」A:それは非常に興味深い質問だね。 ぼくは会計士や税理士ではない。ぼくの意見は意味がないと思うんだけど、脱線するのは承知で、ちょっと一石を投じてみたい。きみはビットコインを実際に所有してると思う?イーサリアムを実際に所有してると思う?そうじゃない。 きみは常に数字の小さな文字列を所有しているだけなんだ。ビットコインや暗号通貨の所有権に関するこの問題は実は本当に奇妙だ。 とにかく伝統的な税法が、実際にこのコンセプトにどのように適用するかについてはまだ分からない。 これは全く別次元の話題だけど、この所有権が実際にどのように機能するのかは分からないんだ。きみはビットコインを所有してないし、ビットコインを失うことは決してない。でも実際には全く違うことをやってるんだけどね。すべていい感じだと思う。いいね。マイクがグッズ販売サイト[へのリンク]を今投稿してくれたね。すべて網羅できたと思う。まず第一にありがとうと言いたい。 みんなにアップデートを提供できたと思っている。ぼくたちは、法的書類のすべてがチェックできたらすぐに、トークンの詳細な短いアップデートを投稿する予定だ。 ビデオをとるつもりだ。そして、すべてが合法であることを確認するために説明用の台本を作成するつもりだ。誰もがこのことを理解できるように、異なる言語でこれを行うつもりだ。これはみんなにとって本当に素晴らしいニュースになるだろう。 TenXトークンは非常に明確なユーティリティを持つ。 みんな気に入ってくれるだろう。 本当に素晴らしいことになるだろうし、ぼくは本当に喜んでいる。法的な解決策は健全な解決策であり、それは素晴らしいことになるだろう。本当に素敵な火曜日をお過ごしください。 参加してくれてありがとう。 ぼくたちのコミュニティにいてくれてありがとう。 信頼、サポート、そしてもちろん忍耐力に感謝します。いつも簡単なことはないので、耐えることも必要だ。 すべてに関して、クールであり続け、素晴らしいことを続けて、コミュニティをサポートし、分散化のこの動きをサポートしていこう。みんなに今一度深く感謝をしたいと思う。次のQ&Aでお会いしましょう。 次のビデオでお会いしましょう。 ありがとう、さようなら、ありがとう!要約PAYトークンの構造:私たちは、米国の弁護士から、PAYトークンが証券ではなくユーティリティートークンであるとの法的意見を得ました。 これは、PAYトークンの構造が変更されることを意味します。詳細は、近い将来にリリースされる予定です。PAYトークンのユーティリティー機能を明確にし、PAYトークンを使用してTenXカードを発注する際に割引するなどの機能を追加します。取引所:Bithumbからの上場の事前確認がとれ、BinanceとKrakenとは交渉中ですが、Krakenはすぐには上場を予定していません。競合他社:多くの競合企業は、フィアットカード(チャージ式疑似デビットカード)の提供などのオプションを検討していますが、私たちはそのような選択肢には興味がありません。 私たちは、いつでもどこでも暗号通貨を使いやすくしたいと考えています。カードがいつ利用可能になるのか、サポートできる地域はどこからなのかがわかったとき、すぐにお知らせします。私たちがシンガポールを選んだ時の基準は、ここが暗号通貨に優しく、世界中の人を雇うことがいかに簡単かどうかという点でした。 これは、私たちのシステムができるだけ安全であることを保証するために、非常にニッチなコーディング言語、Rustを使用するときに特に重要となります。銀行ライセンス:ヨーロッパの銀行ライセンスに関する申請文書を提出しました。 これは7月までに承認されると予想しています。 これにより、私たちは独自のカードを発行することができますが、すでに世界中のさまざまな地域に複数のパートナーの発行体がいます。以上。[JP] 「4月24日に行われたTenX Q&Aライブストリーム was originally published in TenX on Medium, where people are continuing the conversation by highlighting and responding to this story.

Read More

[DE] Abschrift vom 24. April — TenX Q & A Livestream

Source: Blog - Tenx-wallet

[S1]Und wir sind live! Hallo alle miteinander. Ein wundervoller Dienstag auf der ganzen Welt.Es ist Dienstagabend in Asien und Australien.Es ist Mittagszeit in Europa und ein sehr früher Morgen in den USA.Wir werden heute einige interessante und aufregende Dinge mit euch teilen.Ich möchte euch einige Updates zu den fünf wichtigsten Dingen geben, an denen wir als Unternehmen gerade arbeiten — die Token-Struktur, der rechtliche Aspekt, den Kartenprozess, die Banklizenz in Europa, über COMIT und über unsere Unternehmensstruktur. Ich denke, das sind im Moment die fünf wichtigsten Dinge in der Firma.Danach möchte ich alle Fragen durchgehen, die ihr auf Reddit gepostet und geteilt habt.Was wir noch tun werden ist: Mike wird nette Fragen aus dem Chat sammeln und sie für mich in einem separaten Dokument veröffentlichen, so dass ich keine der wichtigen Fragen verpasse.Wenn du reinkommst, lass mich wissen, wo du herkommst. Das ist immer interessant zu sehen….

Read More

[EN] Transcript of April 24th — TenX Q&A Livestream

Source: Blog - Tenx-wallet

https://medium.com/media/604c6eb5d1f139084cb36d279eda9a0a/hrefBelow is a transcript of the above YouTube Q&A livestream with questions taken from this Reddit Thread. At the bottom is a summary listing key subjects and the answer to them.And we’re live! Hey everyone. A wonderful Tuesday all around the world.[It’s] Tuesday evening [in] Asia Australia. [It’s] lunch in Europe, and a very early morning to the US.We’re going to have some interesting and exciting things to share today with you I want to give you some updates on the five most important things that we as a company are working on right now — that is on the one-hand token structure, legal opinion, we’re going to start with a bit on the card process, talk about financial license in Europe, talk about COMIT and talk about our company structure. I think these are the five major things right now in the company.And then I…

Read More

Digix Gold Token, DGX, is listed on Airswap!

Source: Blog - Digix

DGX, the gold backed token on Ethereum, where 1 DGX represents 1 gram of Gold, is currently live for trading on Airswap, the Ethereum-token swap protocol.What is DGX?DGX is an ERC-20 token that was launched in April 2018 by Digix. It represents physical gold on a proportional basis, with 1 token representing 1g of gold bullion from London Bullion Market Association-approved refiners.DGX tokens are issued and minted through a suite of proprietary smart contracts that Digix has developed, called the Proof of Provenance (PoP) protocol. The PoP is an on-chain asset and supply chain management system which utilises Ethereum and IPFS, tracking the movement of the asset (gold in the primary use case) from the vendor to the independent third party custodial vault that Digix works with in Singapore. Only upon the delivery of the gold bullion to the custodial vault…

Read More

Transaction Expiry

Source: Blog - Z.cash

The Overwinter network upgrade will include a new feature called ‘Transaction Expiry.’ This will allow transactions in the mempool to […] The post Transaction Expiry appeared first on Zcash Blog.

Read More

New Release: 1.1.1

Source: Blog - Z.cash

Zcash 1.1.1 has arrived!  This release is an Overwinter-compatible version of the Zcash node software, with initial support for Sapling consensus […] The post New Release: 1.1.1 appeared first on Zcash Blog.

Read More

Meet The Team — Veronika Ukrayinets, Head of Communications

Source: Blog - Tenx-wallet

Another week, another Meet the Team blog! Today we’re delving deeper into the mind of our Head of Communications, Veronika; who spearheads most of the events our co-founders participate in.Veronika joined TenX as Head of Communications in September 2017, and has been managing our Public Relations since.What was your profession prior to TenX, and how did you fall into crypto?I used to be a quite introverted person at school and remember how my best friend once told me that PR is not my thing… She challenged me to prove her wrong as I’ve always been fascinated by the power of PR to shape public opinion and knew that it’s definitely what I wanted to do in my life.Right after finishing school I moved to Germany and started my career in PR already during my Bachelor studies of Media and Communication & Political…

Read More

Clarification on Mr. Chris Miess

Source: Blog - Tenx-wallet

It has recently come to our attention, through comments from the community, that the public may have been provided with inaccurate information on Mr. Chris Miess’s past involvement at TenX.With a view towards ensuring that the community is provided with only accurate information in relation to TenX, we would like to clarify Mr. Miess’s past involvement at the company.During the period of three months until 31 July 2017, Mr. Miess was engaged as an advisor of TenX and he also acted only as the interim CFO of TenX (“Interim CFO”), assisting the operations and administration team in the conduct of our token sale which was completed in June 2017. Mr. Miess did not act or serve in any other role during such period.Since 31 July 2017, Mr. Miess has had no connection, association or affiliation of any kind with TenX.We hope the foregoing provides…

Read More

TenX Departmental Milestones — and what’s to come

Source: Blog - Tenx-wallet

TenX Departmental Milestones — and what’s to comeA few weeks ago we promised to share with you infographics on what each team has accomplished since the beginning of Q1, and shed a little light on what they are currently working on.It has been some time coming, but we have collated the information and organised it for convenient viewing. It’s easy to forget there are many components to a machine and we’re happy to show you what each of those do.Continue the conversation and join our communityCommunity chatTwitterRedditYouTubeFacebookTenX Departmental Milestones — and what’s to come was originally published in TenX on Medium, where people are continuing the conversation by highlighting and responding to this story.

Read More

Meet The Team — Roszilah Jaapar, Senior Financial Controller

Source: Blog - Tenx-wallet

In this blogpost we take a look at a department often overlooked but nevertheless just as important as all the others; please continue reading to learn more about our Financial Controller, Roszilah and how a Finance department must evolve and change to accommodate Cryptocurrency in their processes.Roszilah joined TenX as Senior Financial Controller & Accounting in our finance department since July last year, and is a key member of the team who works closely with Bettina Schmidt in the areas of financial and tax reporting.What was your profession prior to TenX, and how did you fall into crypto? How did you learn about TenX and join us as Senior Financial Controller?Prior to TenX, I worked in the finance department of various Multinational corporations with established standard operating procedures, policies and structures. What draws me to TenX is that it is…

Read More

Why we enforce the use of 2FA for all of our users

Source: Blog - Tenx-wallet

Over the weekend we experienced a large scale automated attack against our services. A malicious actor ran combinations of known usernames and passwords from previous third party plaintext database leaks against our login endpoint. Thanks to our vigilant security team, we were able to quickly take action to block the attackers and secure the compromised accounts.This attack has revealed that a number of user accounts are poorly secured with potentially unsafe passwords. Fortunately, our mandatory 2-factor authentication (2FA) protected most users. Of the few hundred users whose accounts we suspended to prevent withdrawals, only four users had their funds stolen because they had specified an unsafe password and had not completed set up of their 2FA.We have reached out to all affected users to inform them of the situation and will be working with them to help them re-secure and regain…

Read More

The Cryptum ICO is Now Open Funding the First Crypto Mining Board Game

The Cryptum ICO is Now Open Funding the First Crypto Mining Board Game

Last month we have shared some information about an interesting new crypto crowdfunding campaign coming soon with the ultimate goal to fund the The First Crypto Mining Board Game. Today the Cryptum ICO has officially started and will take place in the next 30 days (Stage 1) distributing up to 1 Million CRTM tokens to users that decide to support the project with ETH or BTC. Any remaining tokens that are not distributed during the first stage plus an extra 100 thousands will be available for distribution in the second stage of the funding and you will be able to participate with multiple different altcoins. More details about the parameters of the Cryptum ICO are available here, but do note that the first 24 hours of the crowdsale there is a 16% bonus available, then the next 4 days it…

Read More

JSEcoin – Javascript Embeded Cryptocurrency for Webmasters

JSEcoin – Javascript Embeded Cryptocurrency for Webmasters

It seems that there is an interesting new cryptocurrency called JSEcoin that is targeted at offering webmasters a different way to monetizing their website traffic. Essentially allowing visitors to the website to mine the cryptocurrency with the help of small piece of javascript code embedded on the blog or website. The algorithm is not very heavy or demanding and the mining process itself does not seem to be taking too much CPU resources (it is CPU only), so the computer remains responsive and working just fine as if it is not calculating anything. This is making it pretty interesting for owners of big websites with more visitors, especially visitors that stay longer, but also makes it easy for regular users that are not yet into cryptocurrencies to actually get into mining this new cryptocoin as it only requires you to…

Read More

BitMain Apparently Releasing 8x GPU AMD and Nvidia Miners in China

BitMain Apparently Releasing 8x GPU AMD and Nvidia Miners in China

It seems that BitMain is willing to extend its presence from just the ASIC mining market as the company is apparently releasing two new devices for miners that are essentially dedicated GPU miners. For now the devices dubbed G1 with 8x GeForce GTX 1060 GPUs and G2 with 8x Radeon RX570 GPUs are only listed on the Chinese website of the company with prices only in CNY. This means that they are most likely targeted initially for the Chinese miners market and may not be sold outside of the country. Inside the server like cases we are expecting to see mining versions of the GPUs being used as this is the way to go with such solutions intended for large scale mining operations and not for small home miners. As one would expect the devices are targeted at Ethereum (ETH)…

Read More

BaikalMiner Baikal Giant X10 ASIC Miner Coming Soon

BaikalMiner Baikal Giant X10 ASIC Miner Coming Soon

It seems that BaikalMiner also wants to join in the recent wave of new and much faster second generation X11 ASIC miners with their Baikal Giant X10 that was just announced on their twitter account (still not on the official website). The device is supposedly going to offer 10 GHS hashrate for X11 (DASH) at 800W of power usage as well as Quark and Qubit algorithms initially with lower power usage. Support for X13, X14 and X15 is not available on this device, but there is a mention of a future update that will add 4 new algorithms. The miner will supposedly be available at a price of $1188 USD with deliveries starting by the end of October. It is certainly not the fastest, but pricing does seem pretty reasonable for what you get in terms of hashrate and the…

Read More

Gigabyte GA-H110-D3A 6x PCI-E GPU Mining Motherboard

Gigabyte GA-H110-D3A 6x PCI-E GPU Mining Motherboard

The chances are not many of you have heard about the Gigabyte GA-H110-D3A motherboard that is intended for 6x GPU mining rigs and the reason for that is probably the fact that Gigabyte hasn’t been promoting this product much as a mining motherboard. Gigabyte is a bit late on the GPU mining front with a motherboard designed for mining rigs with the GA-H110-D3A, even though the motherboard comes with up to date specs. That however does not mean that the company hasn’t been offering other higher-end products that are good to go for use for crypto mining, there are quite a few of these already and we have been using some of the models ourselves. The GA-H110-D3A however is still new for us and we are going to be giving it a try and sharing our experience with the motherboard…

Read More

Russia Faces Internal Battle Over Bitcoin – Forbes

Forbes Russia Faces Internal Battle Over BitcoinForbesThe Finance Ministry said recently that it wants to allow for bitcoin and other digital currencies to be traded on the Moscow Stock Exchange (MOEX), opening up the market to qualified investors as early as next year. Qualified investors are required to … Original Source

Read More

Regulators Approve First Bitcoin Fund Manager

The British Columbia Securities Commission (BCSC) has approved First Block Capital Inc.’s first Bitcoin registration. The Vancouver-based financial institution aims to be a registered fund manager and a market dealer to duly operate and circulate a Bitcoin investment fund in Ontario, Canada and British Columbia. Canada has been consistently one of the few countries that embrace Blockchain and its potentials. While other countries threaten to brand ICOs and cryptocurrencies as illegal, Canada has been exploring other possible ways to best regulate and embrace other potential use cases of the technology to improve its public services. Cryptocurrency investments welcome in Canada According to Zach Masum, manager of legal services, capital markets regulation, and leader of the BCSC Tech Team, the cryptocurrency investments are gaining attention in Canada as it is new and a novel form of investing in the country. Moreover,…

Read More

Cryptocurrency Agnosticism and a Vision for Privacy

Which cryptocurrency is the best? That’s a heated question to ask and an impossible one to answer. Particl, an ecommerce blockchain startup, wants to free users from having to answer that question. The project is building a cryptocurrency-agnostic ecommerce platform, where users can buy and sell using the coin of their choice. Here’s how Particl’s platform will work and why its cryptocurrency-agnostic approach is so innovative. Defining Cryptocurrency Agnosticism A cryptocurrency-agnostic platform is just what it sounds like. It means that the platform has the ability to support all cryptocurrencies, without preference for any particular one. On Particl’s platform, you can buy with Bitcoin. You can buy with Ethereum. And you can buy with PART, the native utility token on Particl – regardless, every cryptocurrency used for buying on the Market is treated equal. Buyers can even use different coins…

Read More

Bitcoin’s price tanks after report China plans further crackdown

Philippe Lopez | AFP | Getty Images A man walks out of a shop displaying a bitcoin sign during the opening ceremony of the first bitcoin retail shop in Hong Kong on February 28, 2014. The price of bitcoin fell sharply after a report China’s regulators are planning a further crackdown on the digital currency. Local outlet Caixin is reporting the Asian country is planning to shut down local bitcoin exchanges, according to a Google translation. Bitcoin’s price fell 7 percent Friday following the news, according to Coindesk market data. Earlier in the week on Monday, Chinese regulators announced a ban on organizations from raising funds using initial coin offerings (ICOs), which sparked a $200 decline in the price of bitcoin. Original Source

Read More

Will Gold Make You 25,000% Richer Like Bitcoin?

Gold has always been considered a safe haven asset. Now Bitcoin is appearing to exhibit gold-like properties. Will Bitcoin replace gold as the new safe haven asset? Anti Danilevski, CEO of KICKICO, a Russian blockchain platform for initial coin offerings, explains that during financial difficulties, Bitcoin has already been performing in analogous ways to gold — representing a calm harbor for investors. “During the last year S&P 500 index was decreased, gold (GLD) increased by 14.4%, whereas Bitcoin increased by 74.9%,” Danilevski said. “During the last five years, S&P 500 increased by 68.8%, gold decreased by 26.5%, whilst bitcoin grew by an impressive 24.9%.” Danilevski believes cryptocurrency is not only a good backup plan, but compared to gold, it grows considerably more in its price with a growing market. Taking into consideration the recent events such as the clash between…

Read More

Cryptocurrency Market Cap Climbs Over $150 Billion

The past week has been a prime illustration of the way in which the cryptocurrency can move up and down both very quickly and by large margins. Last weekend, nearly all of the top digital currencies fell precipitously in value, some declining by as much as 50% in price over a span of just 24 to 48 hours. According to Coin Desk, the industry fell by about 25% overall during that time, and the fall started just after digital currencies had reached an all-time high. The quick sell-off had some analysts wondering if this was the beginning of a crash. And yet, just a few days later, the industry has regained much of that lost ground, growing by about $150 billion to reclaim some of the value which was lost. 17% Regained by Wednesday After the drop of about 25%,…

Read More

Howard Marks Issues a Mea Culpa on Bitcoin, But He’s Still Not Investing

Billionaire investor Howard Marks, who ignited a fierce backlash from cryptocurrency advocates after dubbing bitcoin a “fad” in July, has a had change of heart. Well, sort of. Photographer: Christopher Goodney/Bloomberg Bitcoin, in fact, boasts a key attribute that may spur the digital method of exchange to serve as an alternative to legal tenders and as a store of value in the years to come: the simple fact that people believe in it. “What bitcoin partisans have told me subsequently is that bitcoin should be thought of as a currency — a medium of exchange — not an investment asset,” the Oaktree Capital Group LLC co-chairman wrote in a client memo Thursday. There’s no obvious reason why government-issued fiat currencies are superior to digital currencies, he adds. “So my initial bottom line is that I see no reason why bitcoin…

Read More

Bitcoin Regulation: A Necessary Evil

Bitcoin Regulation: A Necessary Evil | Investopedia‘; String.prototype.replaceAll = function (find, replace) { return this.replace(new RegExp(find, ‘g’), replace); } if (user_info) { user_menu = user_menu.replaceAll(‘{name}’, user_info.name); $(‘.menu.member .menu-items’).html(user_menu); $(‘#headerNL’).attr(“href”, “/accounts/subscriptions/?id=” + user_info.uid); } $(‘header .menu-header’).on(‘click’, function(e) { if ($(‘#state-indicator’).css(‘z-index’) 0) { from = $(‘input[name=”SearchValue”]’).attr(‘data-from’); window.location = ‘/search/default.aspx?q=’ + searchString + ( from ? ‘&from=’ + from : ”); } } Investopedia does not provide tax, investment, or financial services. The information available through Investopedia’s Advisor Insights service is provided by third parties and solely for informational purposes on an “as is” basis at user’s sole risk. The information is not meant to be, and should not be construed as advice or used for investment purposes. Investopedia makes no guarantees as to the accurateness, quality, or completeness of the information and Investopedia shall not be responsible or liable for any errors,…

Read More

Bitcoin: When Fear Is Good – Winklevoss Bitcoin Trust ETF (Pending:COIN)

There isn’t enough fear of Bitcoin (BTC). Released to the world in 2009, Bitcoin is an open-source form of crypto-currency. It was designed to be a trustworthy means of exchanging value with no need to rely on government or other central repositories. Indeed, many of its earliest (and most vocal) backers are very distrustful of government and very interested in all aspects of privacy. Blockchain, the digital ledger tech underlying Bitcoin, is very interesting and has a lot of the major players in business and finance looking to use it for various applications. Year-to-date BTC has seen a meteoric rise catching the eye of many an investor and the public in general. ^NYB data by YCharts Recently, my brother’s father-in-law came to me and asked if he should invest in Bitcoin. Such has been the fervor around Bitcoin that even…

Read More

ICO launch, crowdsale marketing, legislation – these and other topics to be covered by ICO Event Moscow speakers

ICO launch, crowdsale marketing, legislation – these and other topics to be covered by ICO Event Moscow speakers

September 20, the Russian capital will host ICO Event Moscow, an event dedicated to cryptocurrency crowdsale. Leading Russian and foreign experts will tell how to launch ICO, consider legal aspects of crowdsale and discuss market trends. ICO event Moscow is a kind of a “spin-off” of Blockchain & Bitcoin Conference, the largest network of events in the CIS dedicated to blockchain and cryptocurrencies. How to start ICO for a startup? What to do in order not to stall after crowdsale? How to invest in tokens? These and other questions will be answered by the speakers of ICO event Moscow. Christophe David is a representative of the European crypto community, Chief Financial Officer at DomRaider. Basing on 20 years of experience in managing various companies, the speaker will cover legal aspects of preparing for ICO in Europe. The report will be…

Read More

DECENT Expands Offices To New York City

DECENT Expands Offices To New York City

The Swiss company DECENT, known for producing a digital content distribution platform based on their own adaptation of blockchain technology, is hiring employees from around the globe and increasing their reach with new offices popping up at a number of locations in recent months. Their latest plans are to expand to New York City. DECENT launched its digital content distribution platform only in June of this year. Since then their number of employees has grown by 20%, and with this rapid increase in size, they are looking to broaden their reach to new strategic locations in different countries. After Slovakia, Switzerland, Armenia and two locations in China, the New York office will be the sixth place of company operations. They believe that adding a global dimension to their company will appeal to potential new members of their team and draw in additional interests from their growing community of followers. “I…

Read More